2014年11月26日

ことば

他人の曲を聴くときに一番気を付けて聴くのは歌詞。

その人の主義主張、何を考えてどんな暮らしを重ねてきて

一人の人間として大人になってきた生きざまを感じたいのです。

その言葉の裏側に人となりとかバックボーンを感じられない曲は苦手です。

だからと言って、別に重たい曲の方が良いってのじゃなくて

さりげない言葉の裏側に熱い思いを感じられるかとかね。


オリジナルでは作詞が一番大変だなあ。

メロディは過去に聞いて来た音楽を、自分なりに消化したものの蓄積でなんとなく

作れるけど詩に関しては同じ物事をどの角度から切り取るかで表現の仕方が

まるで違ってくるんだよね。

だからその人のスタイルは、ある意味馴れ(スキル?)なのかもしれないね。

どんどん書いて方法論を確立させて行かないといけないのかな?


日々こういう問題を抱えながら、新しい曲に挑戦してるんです。


 

windycity0721 at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 音楽 | ひとりごと

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字